群馬県養鱒漁業協同組合 > ぐんまのヤマメ

姿よし・味よし ぐんまのヤマメは天下一品
tobe_yamame_3
渓流の女王とも称される「ヤマメ」
冷たく清らかな水が豊富にないと育てることができません。
群馬県は三方を山に囲まれ、利根川水系の豊富な水が自慢の土地です。その利根川水系上流の
おいしい水を使ってぐんまのヤマメは育てられています。


ぐんまのヤマメは、きれいなおいしい水で育てられているので味も最高。塩焼き・甘露煮・そしてお刺身と
どんな料理でも、美味しく召し上がっていただける自信があります。
群馬にには、草津・伊香保・四万・水上などを始め、数々の有名な温泉地があります。
そういった温泉地の近くにも養鱒場があり、水揚げされたばかりの新鮮なヤマメをお届けすることができます。
そして、私どもがいつも肝に銘じているのが、「安全・安心」です。
群馬県養鱒漁業組合では、県水産試験場の協力を得て、定期巡回指導、医薬品残留検査、
放射性物質調査等を行い、安全な魚づくりに努めています。


gunma_yamame_1
日本で初めて、ヤマメの人工ふ化に成功したのは、吾妻郡嬬恋村の戸部真吉さん。
少年時代から魚が大好きだった戸部さんは、川が荒れ少なくなっていくヤマメを増やそうと研究を重ねました。
そして昭和32年には、日本で初めてヤマメの採卵、ふ化に成功しています。
gunma_yamame_2

ぐんまのヤマメのルーツは、吾妻川支流に陸封された本ヤマメ。
長い間、酸性河川の影響で海との行き来を妨げられてきた個体群です。
そのため※銀毛する割合が少なく、大きくなってもヤマメの特徴であるパーマークがくっきりときれいです。

(※銀毛:降海前にパーマークが消え、体の色が銀白色になること。鱗もはがれやすくなる)

 

群馬県養鱒漁業協同組合 > ぐんまのヤマメ

アーカイブ

Return to page top